自動車関連情報 日本軽金属グループは、アルミ総合メーカーのノウハウとグループ力を強みに、重層的で多面的な課題解決能力を発揮いたします。

熱間鍛造法

【工法・技術】熱間鍛造法

油圧プレス・メカプレスにて、高強度/耐摩耗性を有した自社開発合金を使用し、鍛造部品を生産する製法です。材料(連鋳棒・押出棒)の開発からの対応が可能です。複雑形状を一回鍛造にて形成し、抜き勾配ゼロ、ニアネットシェイプでのご提案が可能です。
また、C&F工法(重力鋳造技術と鍛造技術を組み合わせた製法)においては、鍛造前素材(プリフォーム材)を金型鋳造でニアネット成形し、このプリフォーム材を熱間鍛造して最終形状を成形いたします。

この製品に関するお問い合わせ

会社名: 日本軽金属株式会社

部署名: メタル・素形材事業部 素形材営業部

電話番号: 03-5461-9601

お問い合わせはこちら

戻る

...now loading