経営方針

日本軽金属グループは、グループの強みであるアルミニウムに関する総合的な技術蓄積を活かし、収益力の高い事業構造を構築するとともに、事業活動を通じて広く社会に貢献し、企業価値の向上を図るため、グループ経営方針において次の項目を基本方針として定めています。

日軽金グループの3つのエッセンス

1.日軽金グループの使命 (経営理念)
アルミとアルミ関連素材の用途開発を永遠に続けることによって、人々の暮らしの向上と地球環境の保護に貢献していく
2.行動理念
社員には楽しさを、お客様には感動を、株主には喜びを、地球には優しさを
3.使命を達成するための経営手法
  • (1)マトリックス組織を基盤とし、ビジネスに応じたチーム編成による商品開発と事業創造
  • (2)営業・開発・製造を一体化した「創って作って売る」の実践
  • (3)商品ごとの営業利益の管理
  • (4)全員が自分の仕事に責任と誇りを持ち、伸び伸びと自分の力を発揮できる職場づくり

基本方針

グループ経営

1.グループ経営を基本とし、グループ連結の利益最大化を目指す
2.全員がグループの全ての資産・資源を共有・活用することにより、グループ内連携を深化させ、事業の発展に努める
3.すべての事業ユニットは、それぞれの個性にあったビジョンを掲げ、全員参加型のビジョナリー経営を展開することで、体質強化を図る
4.マーケット・インの視点に立ち、先進的・創造的な技術開発を心がけ、積極的に新事業領域を開拓する
5.グループ全体にとって必要な人財を、長期的かつグローバルな視点に立って育成・活用する
6.健康で安全な職場づくりと、「ゼロ災害」を目指す

企業の社会的責任およびコーポレートガバナンス

7.株主・取引先・従業員・地域社会に対し、調和の取れた経営を行い、社会的に尊敬に値する企業グループを目指す
8.各国・地域の法令の遵守はもとより、各種の国際規範とその精神を尊重し、公正かつ透明な事業活動を行う
9.社会的に有用で安全な製品・サービスを提供し、お客様の満足と信頼を獲得する
10.地球環境問題に対しては、関係法令の遵守はもとより、環境方針を掲げて 主体的かつ積極的に取り組む
11.信頼性のある財務報告の重要性を認識し、会計基準の遵守と内部統制の体制づくりを確実に実施する
12.企業情報を適切に管理するとともに、広く社会とのコミュニケーションに努め、情報を適時かつ適切に開示する
13.多様なリスクの状況を的確に把握するとともに、これを低減するための活動を推進する
 

(制定・改定)         
改定:平成28年1月29日