日本軽金属ホールディングス株式会社

データ編

 集計範囲201520162017単位
環 境
温室効果ガス排出量(スコープ1、スコープ2) 連結
(国内)
  768  796  ★802  千㌧-CO2
  連結
(海外)※1
  ‐  138  128  千㌧-CO2
温室効果ガス排出量売上高原単位 連結
(国内)
  2.09  2.19  2.09  ㌧-CO2/百万円
スコープ3排出量の内訳※2カテゴリ1 購入した製品・サービス※3連結  1,858  1,962  ★1,926  千㌧-CO2
 カテゴリ2 資本財連結  17  21  22  千㌧-CO2
 カテゴリ3  カテゴリ1、2に含まれない燃料およびエネルギー連結  34  33  28  千㌧-CO2
 カテゴリ4 輸送、配送上流連結  11  11  11  千㌧-CO2
 カテゴリ5 事業から出る廃棄物連結  千㌧-CO2
 カテゴリ6 出張連結  千㌧-CO2
 カテゴリ7 雇用者の通勤連結  千㌧-CO2
エネルギー使用量電力連結
(国内)
  8.5  9.5  9.8  PJ
 燃料連結
(国内)
  4.9  4.9  5.0  PJ
エネルギー使用量売上高原単位 連結
(国内)
  36.5  39.6  38.4  GJ/百万円
使用原材料の重量 連結
(国内)
  678  618  576  千㌧
SOx排出量 連結
(国内)
  312  339  389 
NOx排出量 連結
(国内)
  437  388  375 
総取水量※4 連結
(国内)
  22.6  23.7  23.0  百万m3
総排水量 連結
(国内)
  26.1  30.5  28.2  百万m3
COD排出量 連結
(国内)
  92  109  89 
廃棄物および副生成物の排出量と処理再利用・減量分連結
(国内)
  33.2  33.5  32.4  千㌧
 最終処分(埋立)連結
(国内)
  2.4  2.9  2.2  千㌧
環境会計環境保全コスト
投資額
連結
(国内)
  1,612  2,009  1,983  百万円
 環境保全コスト
費用額
連結
(国内)
  5,517  5,847  5,247  百万円
 環境保全活動に伴う経済効果 収益連結
(国内)
  383  397  486  百万円
 環境保全活動に伴う経済効果 費用増減※5,6連結
(国内)
  3,174  2,770  -1,440  百万円
環境に関わる訴訟・罰金・科料の件数 連結 
環境に関わる事故
件数※7
 連結 
環境に関わる苦情
件数※8
 連結  11  10 
従業員※9
従業員数常勤役員連結男性 170  187  190 
  連結女性
 従業員(管理職)連結男性 1,506  1,529  1,540 
  連結女性 67  73  90 
 従業員(一般社員)連結男性 8,258  8,385  8,295 
  連結女性 2,270  2,278  2,083 
 従業員連結合計 12,101  12,265  12,008 
国・地域別従業員数日本連結男性 7,109  7,173  7,361 
  連結女性 961  980  1,048 
 アジア連結男性 2,419  2,506  2,243 
  連結女性 1,337  1,331  1,089 
 米国・欧州連結男性 23 6 235  231 
  連結女性 39  40  36 
新規雇用者数※10総数連結
(国内)
  ‐  ‐  596 
 従業員に対する比率連結
(国内)
  ‐  ‐  7.1 
新卒採用人数※10 連結
(国内)
  ‐  ‐  197 
離職者数※10総数連結
(国内)
  ‐  ‐  401 
 従業員に対する比率連結
(国内)
  ‐  ‐  3.5 
入社3年後の定着率※10,11 連結
(国内)
  ‐  ‐  88.4 
定年退職後の再雇用者数 単体
(日本軽金属㈱)
  17  26 
組合加入率 単体
(日本軽金属㈱)
  100  100  100 
平均年齢※10 連結男性 ‐  ‐  39.1 
  連結女性 ‐  ‐  36.9 
平均勤続年数※10 連結男性 ‐  ‐  11.5 
  連結女性 ‐  ‐  7.7 
平均年間労働時間※10 連結
(国内)
男性 ‐  ‐  2,146  時間/人
  連結
(国内)
女性 ‐  ‐  1,974  時間/人
平均年間時間外労働時間※10 連結
(国内)
男性 ‐  ‐  324  時間/人
  連結
(国内)
女性 ‐  ‐  161  時間/人
平均年休取得日数※10 連結男性 ‐  ‐  9.9 
  連結女性 ‐  ‐  9.7 
平均年休取得率※10 連結男性 ‐  ‐  52.5 
  連結女性 ‐  ‐  71.6 
育児休業新規取得者数※10 連結
(国内)
男性 ‐  ‐ 
  連結
(国内)
女性 ‐  ‐  55 
介護休業新規取得者数※10 連結
(国内)
男性 ‐  ‐ 
  連結
(国内)
女性 ‐  ‐ 
短時間勤務制度利用者数※10 連結
(国内)
男性 ‐  ‐ 
  連結
(国内)
女性 ‐  ‐  61 
メンタルヘルス不調を事由とする休職者数※10 連結
(国内)
男性 ‐  ‐  34 
  連結
(国内)
女性 ‐  ‐ 
平均年間教育・研修費用※10 連結  ‐  ‐  29.2  千円/人
障がい者雇用率※12,13 単体
(日本軽金属㈱)
  2.41  2.47  2.59 
  単体
(東洋アルミニウム㈱)
  2.12  2.05  2.03 
安全
労働災害件数※14休業災害連結
(国内)
  13  12 
  連結
(海外)
 
 不休業災害連結
(国内)
  56  43  65 
  連結
(海外)
 
休業災害度数率※14,15 連結  0.70  0.46  0.56 
  単体(日本軽金属㈱)  0.59  0.00  0.27 
コンプライアンス
日軽ホットラインに通報された事案のうち、調査対応した件数 連結 
コンプライアンスミーティング開催数連結  2,038  2,230  2,102 
 参加者数連結  19,600 19,991 20,237 延べ人数
特許公開件数※14 連結  180  126  182 
特許登録件数※14 連結  93  143  107 
品質保証
製品・サービスの提供における法令違反件数 連結 
品質速報件数 連結  10 
リコール件数 連結 
コミュニティ
社会貢献に関わる支出額 連結  117  163  133  百万円
ガバナンス
1株あたりの中間および期末配当金 連結 

 

★:記載情報の信頼性を保証するために、KPMGあずさサステナビリティ㈱による第三者保証を実施しています。

※1. 電力に関わるCO2排出量の算出には、IEA「CO2 emissions from fuel combustion 2017」に記載されている最新の各国別CO2排出係数を使用しています。
  燃料に関わるCO2排出量の算出には、日本国内のCO2排出係数を使用しています。
  それに伴い、2016年度の値を修正しました。
※2. 環境省・経済産業省が公表している排出原単位を乗じて排出量を算定しています。
※3. カテゴリ1はグループ外からの購入量を基準とした上位3品目を対象としています。このうちのアルミ地金の購入量は、日本軽金属㈱の調達分を対象としています。
※4. 海水の取水量は除いています。
※5. 費用増減は次の計算方式で算定しています。(費用増減=基準期間(2016年度)の費用-当年度(2017年度)の費用)
※6. -(マイナス)は費用の増加を表します。
※7. 影響が外部におよぶ環境トラブル(油・薬剤の漏えいなど)
※8. 外部よりの申し立てがあった件数(臭い、騒音など)
※9. 嘱託(常勤)社員は除きます。
※10. 2017年度より連結の数値を報告しています。
※11. 入社から3年後の4月1日の在籍者の割合。
※12. 対象期間は、各年度末の直後の6月1日時点です。また、法定雇用率は2.2%(2018年3月31日以前は2.0%)です。
※13. 嘱託(常勤)社員を含みます。
※14. 対象期間は、暦年(1月~12月)です。
※15. 休業1日以上の災害を対象としています。(通勤途上災害除く)

CSRの取り組み