コンプライアンス

日軽金グループでは、コンプライアンスを全てのステークホルダーに信頼されるための約束であると考え、CSRの基礎に位置づけています。その推進にグループ一丸となって取り組んでいます。

公正取引委員会からの排除措置命令
および課徴金納付命令を受けて

日本軽金属㈱は、2016 年2 月5 日に、新潟地区の地方公共団体が発注するポリ塩化アルミニウムについて、供給すべき者を決定するなど独占禁止法に違反する行為があったとして、公正取引委員会から排除措置命令および課徴金納付命令(215万円)を受けました。

このことを受け、同年2月15 日の取締役会において、違反行為を既に取りやめていることの確認などに関する決議を行うとともに、経営陣および関係者に対して厳正な処分を行いました。また、日軽金グループとしても、今般の事態を厳粛に受け止め、「カルテル・談合行為の防止に関するグループ規則」の改定、グループに属する営業担当者へのアンケートの実施、研修・教育の充実などの施策を定期的・網羅的に実施することを通じて、再発防止の徹底に努めていきます。

 

(2016年3月17日)

「尊敬に値する企業グループ」を目指して

日軽金グループは、尊敬に値する企業グループを目指し、グループ会社役員・従業員が遵守すべき具体的な行動規範として「グループ・コンプライアンスコード」を定め、その浸透および徹底に取り組んでいます。
(2016年10月更新)

 
コンプライアンスハンドブック

 

コンプライアンスの推進

コンプライアンス態勢

日軽金グループは、「コンプライアンス委員会」を設置しています。さらに、日軽金グループ各社・部門にCSRリーダーと推進者を配置して、コンプライアンス態勢の強化を図っています。
(2016年10月更新)

 

コンプライアンスツールの両輪

日軽金グループは、コンプライアンスミーティングと日軽ホットラインを、現場のコンプライアンス問題を把握するツールとして活用しています。
(2016年10月更新)

 

コンプライアンスミーティング

日軽金グループは、定期的に「コンプライアンスミーティング」を開催しています。ミーティングは職場単位で開催し、各職場では、職種、職位、世代などを考慮し、毎回独自のテーマを設定します。テーマは、職場環境、個人情報保護、情報漏えい、交通安全、産業廃棄物の取扱い、作業ルールなどさまざまです。

ミーティングでは、全員が発言することで、普段あまり接することがない人の考え方に触れることができ、仲間を見直せる良い機会になっています。

2015年度のミーティング開催数は2,038回で、参加人数は延べ19,600人でした。
(2016年10月更新)

 

内部通報制度 ~日軽ホットライン~

日軽金グループでは、コンプライアンスに関する内部通報制度として「日軽ホットライン」を設置しています。全従業員が利用可能で、窓口は外部弁護士やセクシャルハラスメント専用ラインなど多数用意しています。また、匿名通報(相談)にも対応し、通報先は、全従業員に配布しているハンドブック、イントラネットやポスターなどに明示して、利用しやすい環境を整えています。

通報案件は、通報者に不利益な扱いとならないよう適正に処理され、コンプライアンス委員会で報告されます。 日軽金グループ全体へ啓蒙したい案件については、事例化してイントラネットへ公開したり、コンプライアンスミーティングのツールで活用したりします。

2015年度の通報件数は3件でした。
(2016年10月更新)

 

ホットラインの流れ

ホットラインの流れ

コンプライアンス推進月間

毎年12月に、社長からメッセージを発信します。また、啓蒙ポスターを各職場で掲示します。
(2016年10月更新)

コンプライアンスポスター2015
コンプライアンスポスター2015