日本軽金属ホールディングス株式会社

株主・投資家との関わり

情報開示方針とIR体制

 日軽金グループの経営方針において、「企業情報を適切に管理するとともに、広く社会とのコミュニケーションに努め、情報を適時かつ適切に開示する」と定め、会社情報の適時開示に関してグループ全体に適用されるルールを整備しています。
 適時開示を要する重要な事項が決定または発生した場合、上記ルールに基づき、直ちに日本軽金属ホールディングス(株)企画統括室広報・IR担当に報告され、ニュースリリースの社内決裁を得た後、速やかに情報開示を行います。
(2018年10月更新)

 

GPIFが選定するESG指数に2年連続で選定

日本軽金属ホールディングス(株)は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の要素に配慮した投資(ESG投資)を行ううえで採用しているESG指数のひとつである「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」の構成銘柄に、2017年から2年連続で選定されました。

これは、日軽金グループのCSRの取組みが評価されたものと捉え、持続的な社会の実現に貢献できるよう、今後も積極的な取組みを推進していきます。
(2018年10月更新)

「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」のロゴマーク
「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」のロゴマーク
 

株主・投資家とのコミュニケーション

株主総会を通じた株主との対話

日本軽金属ホールディングス(株)は、株主総会を株主の皆さまと会社とをつなぐ貴重な機会として捉えています。議事をわかりやすく説明するため、映像やナレーションを用いています。また、インターネットでの早めの情報開示や議決権行使を行っています。2016年度より、株主総会招集通知の英語版も作成し、発信情報の多言語化にも努めています。  
(2018年10月 更新)

 

IR活動の充実

日本軽金属ホールディングス(株)では、四半期ごとに決算を行い、発表しています。本決算と第2四半期決算の発表では、社長自らが業績や経営方針について説明を行います。説明会資料はWEBサイトに掲載しています。 
(2018年10月 更新)

主なIR活動実績(2017年度)

機関投資家、証券アナリスト向け
決算説明会
2回
(本決算、第2四半期決算)
機関投資家、証券アナリストとの
個別面談
83回

 

主なIR関連情報発信ツール(一例)

主なIR関連情報発信ツール  

CSRの取り組み