ニュースリリース

2013/07/03 (p20130702.JPG)
ニュースリリース

高強度7000系アルミニウム合金「NA700」の発売について

平成25年7月3日
日軽金アクト株式会社
 

高強度7000系アルミニウム合金「NA700」の発売について 

日本軽金属グループの日軽金アクト株式会社(社長:清水幹雄、本社:東京都品川区)は、この度、アルミニウム合金の中で最高レベルの強度を持つAl-Zn-Mg-Cu系合金「NA700」を開発、販売を開始いたしました。
主な用途として、高強度且つ軽量性を必要とする、各種工作機械部品、航空機等の輸送機器部材、レジャー用品などの分野を開拓しています。
熱処理材の引張強さは代表値として800MPa級が得られており、表に示した通り、超々ジュラルミンの呼称で知られる「7075」と比較して20~30%高く、延性はほぼ同等です。当社が開発しました粉末合金「メゾアライト」と同等の強度を確保し、かつ延性を向上させました。また、鋳造法の改良と合金設計の改良により大径ビレットの製造を実現し、大型で自由度のある断面形状の押出が可能となりました。

【押出材の製造実績例】            
  ・丸棒 外径φ20~100mm
  ・角棒 厚さ15mm×幅115mm 等

【その他特徴】
  ・切削性および鍛造加工性も評価良好
  ・陽極酸化皮膜性良好          

 

ステンレスやチタン合金の代替素材として、既にレジャー分野では一部の量産実績があり、広範囲なお客様と性能評価・用途開発を進めております。
日軽金アクトは、日本軽金属グループ各社との連携により、アルミニウムの特長を生かした高機能・高品質な製品を開発・提供し、お客様の様々なニーズに応えてまいります。

 

以上


商品に関するお問い合わせ:
日軽金アクト株式会社 産業機器ビジネスユニット TEL:03-5461-8203 FAX:03-5461-8315

リリースに関するお問い合わせ:
日本軽金属株式会社 広報室 TEL:03-5461-9333