ニュースリリース

2015/04/01
ニュースリリース

平成27年度入社式 社長メッセージ


平成27年4月1日
日本軽金属ホールディングス株式会社

平成27年度入社式 社長メッセージ

 

 

皆さんご安全に


入社おめでとうございます。今年もピカピカした顔の若い人達を迎えたことを喜んでいます。


最初に、日本の現在の経済状況と当社グループの状況について簡単にお話しします。
 
まず、この2年間のアベノミクス効果とその後の原油安によって、日本経済は2012年と比較し、確実に良くなっていると言えます。企業の倒産件数は2割減少し、設備投資額は1割増加、経常利益も4割増加しました。さらに、失業率は0.9ポイント改善し、日経平均株価は8割以上上昇、米ドルと円の為替レートも3割ほど円安となりました。長いこと苦しんできたデフレからの脱却が目の前に見えてきています。原油価格もサウジアラビアや米国の戦略によって、もうしばらくは安値が続きそうです。企業の賃上げもあり、生産の国内回帰も進む傾向ですので、景気はさらに良くなっていくと思います。
 
日軽金グループの事業は皆さんもご存じのように、アルミとその関連素材の用途開発を専業としています。今やアルミは輸送、建設、電機・電子、機械などから食品・日用品に至るまで、大変広い分野に使われるようになっています。景気が良くなり、これらの分野が忙しくなると我々の販売も伸びていきます。このような状況で、昨年度は国内外問わず、各事業部門、各関連会社とも堅調に推移しましたし、今年度の業績も堅いと見ています。
 
最近は世界の動き、日本の動きが敏感に企業の業績に影響してきますので、常にしっかり観察し、分析し、自分たちの事業の方向性を見極めていく事が大切です。


本日は皆さんの心にしっかり刻み付けておいていただきたいことが3つあります。
 
1つ目は皆さんは将来必ず会社を背負うリーダーになるのだという事です。ものすごく当たり前の事のようですが、これをしっかり意識しておいていただきたい。最近感じているのですが、自分に与えられた仕事をそつなくこなして、それで良しとしている傾向があるように思います。与えられた仕事の範囲や仕事の中だけで事を済ましていたらリーダーとしての素養は養えません。リーダーに一番大切な能力は突破力です。私たちが戦っている世界はこれで良いという答えのない世界です。リーダーはメンバーの力を合わせ、困難な状況と戦い、そこに新しい道を作っていかなくてはなりません。中国や東南アジアの若者は非常にチャレンジング精神が旺盛です。あなた方の活動範囲や考え方には枠は設けませんから、彼らに負けないよう、伸び伸びと発想し、伸び伸びと活動し、成長していってください。


2つ目は日軽金グループの経営手法は開発・製造・営業を一体としたチーム運営で事業を行っている事です。このポイントは事業の開発や運営全体を一気通貫で見て損益管理をしていくところにあります。これは経営者を育てる最高の手法であり、事業を伸ばしていく上でも非常に強い方法です。研究所も開発としてこれに参画しています。
皆さんも事業部門に配属されるとチームの一員として加わると思いますので、遠慮せずフレッシュな考えをどんどん提案して、自分自身の存在する場を広げ、会社を成長させる先兵になっていってください。


3つ目は仕事以外の事にも積極的にチャレンジしてください。スポーツでも芸術でも、囲碁将棋やボランティア活動でも、なんでも良いと思います。仲間を増やし、世界を広げ、人間性を高めることに繋がると思います。全て無駄な事はありません。真面目にやっていれば必ず自分の血や肉になっていきます。


そして、皆さんにもこの経営方針にあります「全員が自分の仕事に責任と誇りを持ち、伸び伸びと自分の力を発揮できる職場づくり」を、知恵と行動力でしっかり担ってもらいたいと思います。皆さんが大きく成長してくれることを心から期待しています。


これをもちまして私の訓示といたします。

 

以 上

 

  

本件に関するお問い合わせ先: 日本軽金属株式会社 広報室 TEL03-5461-9333