日本軽金属ホールディングス株式会社

人財育成

日軽金グループでは、各社・事業部の独自の育成プログラムに加え、グループ全体を対象にした育成プログラムを用意し、従業員一人ひとりのポテンシャルをしっかりと引き出しています。

 

教育・研修制度

 日軽金グループの教育・研修制度は、職務階層別、個別のキャリアにあわせた体系となっています。
 技能職においては、入社3年目から監督職になるまで計4つの研修を行っています。コミュニケーション力と自ら考える力を身につけることをテーマに、現場のリーダーを育成することと、技能を伝承することに力を入れています。
 総合職においては、技術や知識に関する研修以外にも、各階層別に必要となるコミュニケーション力、マネジメント力の向上に力を入れています。
(2018年10月 更新)

人財育成プログラム体系

人財育成プログラム体系

※S教育:管理職、事務・技術職、販売職への教育

※W教育:監督職、技能職への教育

 

平均年間教育・研修費用

集計範囲201620172018単位
連結 29.2 24.9 千円/人

 ※2017年度より連結の数値を報告しています

 

製造現場の人財育成

 日軽金グループは、製造現場の人財育成と改善活動推進を目的に、「改善事例発表大会」を開催しています。発表の内容は、安全向上、品質改善、コスト削減など多岐にわたります。この大会には、グループの海外事業所からも参加しています。2019年6月の大会では、タイのNIKKEI SIAM ALUMINIUMが参加しました。日軽金グループは、こうしたプログラムを通じ、ものづくりのプロを育成しています。
(2019年10月 更新)

パワーアップ研修

 日軽金グループでは、現場リーダーの育成のため、次期リーダー層を対象とした研修を行っています。研修は2001年から始まり、2018年度は16名が受講しました。受講したメンバーは、現場の第一線でリーダーとして活躍しています。
(2019年10月 更新)

  • 参加者全員で記念撮影
    参加者全員で記念撮影

ジョブチャレンジ制度

 日本軽金属(株)では、コース別管理制度における一般職から総合職への転換制度を設け、従業員のキャリアアップの機会拡大を図っています。2012年度に本制度を開始してから2018年度末までに、合計15人が一般職から総合職に転換しました。
(2019年10月 更新)
 

コーチング研修

日軽金グループは、2001年度よりコーチング研修を実施しています。技能伝承や後進の育成に活かすため、生産現場の監督職登用やリーダー育成の研修からスタートし、現在では、指導的立場にある社員は誰でも参加できる研修となっています。2018年度は70人が受講しました。今後も、研修を通してコーチングスキルの向上を図り、職場の活性化につなげていきます。
(2019年10月 更新)

CSRの取り組み