日本軽金属ホールディングス株式会社

日軽金グループの
重要課題(マテリアリティ)

当社グループは、SDGsが目指す持続可能な社会の実現のために、アルミニウムに関する総合的かつ広範な事業領域を通じて貢献していきます。その中で当社グループが特に取り組むべき課題は何かを認識し、当社グループの持続的な成長および企業価値の創造のための重要な経営課題として掲げていくため、『当社グループの重要課題(マテリアリティ)』を以下のステップを通じて特定しました。

重要課題の特定ステップ

STEP1

重要課題候補群の抽出

重要課題の特定に先立ち、広範な事業領域を抱える当社グループの活動が影響を与える範囲を把握し、関係する社会課題の認識に漏れがないよう、初めに当社グループのバリューチェーンが及ぶ範囲の特定、確認を行いました。その後、SASB、GRI、SDGs、ISO26000等、国際的なガイドラインの要請事項をもとに、400近いESGに関する様々な社会課題をリストアップし、各ステークホルダーや当社グループに与える影響の分析から重要性評価を行い、最終的には31項目のショートリストに集約しました。

STEP2

重要性の評価

集約したショートリスト項目について、社会にとっての重要度と当社グループの中長期的な企業価値創造における重要度の両面から改めて重要性の評価を行い、重要課題の特定を行いました。

STEP3

妥当性・網羅性の確認

ショートリストの重要性評価にあたっては、さまざまな分野で活躍されている外部有識者の方々にも評価をいただき、そのご意見を参考にしながら改めて検討、見直しを行い、その妥当性および網羅性について確認しました。

STEP4

重要課題の特定

特定された重要課題を5項目の重要課題テーマとして再分類し、当社CSR委員会、グループ経営 会議での審議を経て、取締役会で承認しました。

日軽金グループの5つの重要課題テーマ
  • 地球環境保護
  • 持続可能な
    価値提供
  • 従業員の幸せ
  • 責任ある調達・
    生産・供給
  • 企業倫理・
    企業統治

特定した重要課題

当社グループの重要課題を以下の通り特定しました。
今後、各課題についてのKPI・目標値を設定し、具体的なアクションプランに基づいてその達成に向けて取り組んでいきます。

5つの重要課題テーマ重要課題SDGs関連項目
地球環境保護自社での温室効果ガス削減(スコープ1、2)
サプライチェーンでの温室効果ガス削減(スコープ3)
気候変動への対応(TCFD)
水ストレスへの対応
環境汚染の防止
持続可能な
価値提供
再生可能エネルギーの利用拡大への取組み
低炭素商品・サービスの開発、提供
循環型経済・社会の推進
強靭なインフラ整備、提供
食糧の安定供給への貢献
イノベーションによる未来づくり
従業員の幸せ労働の安全衛生
働きがいのある職場づくり
ダイバーシティ&インクルージョン
人財の確保、育成
責任ある調達・
生産・供給
安全、安心な商品・サービスの提供
人権の保護、尊重
安定したサプライチェーンの構築
変化に柔軟で強靭なバリューチェーン
企業倫理・企業統治ガバナンスの強化
コンプライアンス体制の強化