内部統制

内部統制の目的と日軽金グループの取組み

日軽金グループは、「内部統制システムの基本方針」を定め、それに基づき内部統制の4つの目的に対して取組みを行っています。

①業務の有効性・効率性

中期経営計画、年度予算を目標値として策定し、それに基づく業績管理を行っています。また、内部監査体制を整備し、事業活動の有効性および妥当性について監査を行い、改善事項を指摘しています。

さらに、「グループ・コンプライアンスコード」や「日軽ホットライン規則」などの規則を定めています。

②財務報告の信頼性

財務報告に係る内部統制規則や実施要領を定め、内部統制の整備・運用を実施しています。

また、運用状況の評価と必要に応じた是正処置を行い、財務報告の信頼性および適正性を確保しています。

③法令等の遵守

「グループ・コンプライアンスコード」を定め、従業員がコンプライアンスに則った行動(法令、会社規則、企業倫理などの遵守)を取るようにしています。また、「コンプライアンス委員会」の開催や、グループ各社・部門にコンプライアンスリーダーを設置し、コンプライアンスの推進を図っています。

④資産の保全

「グループ・リスク管理規則」を定め、日軽金グループにおける事業の特性上、重要度の高いリスクを特定し、主管部門を定めてリスク低減の取組みを推進するとともに、随時モニタリングを実施しています。

(2016年10月更新)

財務報告に係る内部統制

日軽金グループは、財務報告に係る内部統制の整備(Plan)、運用(Do)、評価(Check)、是正(Action)のサイクルを回すことで、財務報告の信頼性を確保しています。

また、グループ各社・部門には、内部統制の整備や改善を推進する責任者を任命し、継続的な改善に努めています。

なお、2015年度は、開示すべき重要な不備はありませんでした。
(2016年10月更新)

財務報告に係る内部統制のサイクル

内部統制サイクル

リスクマネジメント

日軽金グループは、事業を取り巻くさまざまなリスクに対し、事業戦略と調和した的確な管理・実践を通して、企業価値の持続的向上に努めています。日軽金グループとして総合的な管理が必要な8つのリスクを「重点対策リスク」と定め、リスク管理推進のための主管部署を定めています。

重点対策リスクについては、半期ごとに実施する担当役員によるヒアリングと毎月のミーティングで対応状況を確認し、リスクの低減を図っています。

2015年度は、「海外生産拠点の環境管理体制の確認」、「情報管理体制の見直し」などを実施しました。
(2016年10月更新)

重点対策リスク

重点対策リスク